読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦でリターンを競う!国内外投資ブログ

20代夫婦が国内外投資でのリターンを競っていきます。

【個別銘柄】WFCとFLOへの判断の違い

夫のななしです。

 

SPONSORED LINK

 

 

こんにちは。

 

フラワーズフーズを購入するのにウェルズファーゴに二の足を踏む理由について記載しておきます。

現状ではウェルズファーゴをいつ購入しようかとうきうきわくわくしている人が大多数だと感じています。

本当に今の株価で留まるのか?

 

私はNOと言いたい。

 

 

www.bloomberg.co.jp

 

 

記事を読むと顧客からの提訴について記載があります。

どの程度純利益が削られてしまうのか、いまだに不明な状態です。

 

もちろん私もどこが底なのかわかりませんし、これから反転し上昇する可能性もあります。

 

儚い希望です。

 

顧客からの信頼を失い、提訴に繋がり、全貌が明らかになっていない状態で購入。

待ったをかけたい。

 

(私は損切と下落後の再購入も少し検討していますが、そこまでの大事にならないだろうという楽観も多少あります。)

 

まず提訴関係がある程度落ち着いてからの購入にしませんか?

 

問題により落ちるときは上下は多少しますが、きちんと落ちていきます。

不安が不安を呼び、入ってくるニュースは悪い内容ばかり。

持ち続けることで疲れるようであればもちろん売却するべきです。

 

ウェルズファーゴ(WFC)についてはどれだけ買いたいとしても私は10月決算を確認するまで購入しません。

見えていないときには買わない。

株に三振はないし、動かなければアウトになることもありません。

 

フラワーズフーズはなぜ買ったのか?


SPONSORED LINK

 



両社は大きく問題の性質が違います。

簡単に問題を挙げてみます。

ウェルズファーゴ(WFC)】

・顧客への信頼喪失

→賠償の可能性

・社内体制の問題(不正の常態化)

→人材の変更が必要。

・未来顧客の喪失

→今回のニュースにより敬遠する人はいるでしょう。

 

【フラワーズフーズ(FLO)】

・配送ドライバーからの不満

・人件費コストの上昇

→正社員へ変更によるコスト

 

ニュースを見て、ウェルズファーゴで口座を持つことは避けよう。

→わかります。大丈夫でしょうけど、不安ですよね。

 

ニュースを見て、フラワーズフーズのパンを食べるのは避けよう

→パンは関係ないのでは・・・?

 

ざっくりいうと単純にこれだけです。

 

業績に主に関係する部分なのかそうではないか。

ただそれだけです。

 

ウェルズファーゴは10月内容はよかったとしても、その次はどうでしょう。

 

10月を確認し、心配であればその次まで確認する。

ただそれだけのことです。

 

長期投資であれば今の段階での購入もありでしょう。

ただ、あえて今買う必要もない。

私はそう感じます。

 

定期購入する銘柄であれば、今回はETFかそのほか銘柄にしておくことが無難です。

今のタイミングでポートフォリオの比率を大きくする必要はありません。

 

(長期投資においてタイミングは大きく関わらないと思っていますが、顕在化しているリスクへわざわざルールだからと飛び込む理由もない)

 

投資は自己責任で楽しくしてください。

 

記載:ななし

 

 




SPONSORED LINK