読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦でリターンを競う!国内外投資ブログ

20代夫婦が国内外投資でのリターンを競っていきます。

ネット証券ってどこがいいの?【問題解決編②】

ふたたびテトラです。前回の続きです。

 

SPONSORED LINK

 

 

前回の記事はこちらです。

kabu-kabu.hatenablog.com

 

【まとめ】


さてさて、どこも一長一短でしたが、最終的にテトラが選んだのは・・・

 

SBI証券」でした。

 

<理由>

消去法でいきます。

まず、外国株へのアプローチが米国株CFDのみであるGMOクリック証券は、

残念ながらふるい落とされました。

ですが、取引ツール「はっちゅう君」にはかなり魅力を感じています。
国内株を中心にやっていきたい方は一度使ってみてもいいのでは?

 

楽天証券について、こちらは平均的な印象を受けたのでやめておきました。

中肉中背でダークブラウンのボブカットをした、いつもお弁当を持参している

おとなしめの普通科文系の女の子、という感じの証券会社です。

わたしはもっとインパクトがあって弁が立つ女の子に魅力を感じます。

適当でしょうか?・・・ごめんなさい・・・

 

そうなると、残りはSBI証券マネックス証券です。

どちらも、米国株式の手数料は変わりません。

ツールも大差なさそうです。

 

が、米株に限らない世界中の株式を幅広く取り扱っている、という点で

SBI証券に軍配が上がりました。

そんなに各国の株を買い集めるつもりはありませんが、

やはり選択肢が多い・視野が広いに越したことはありません。

 

また、日本株も視野に入れるのであればSBI証券かしら?と思いました。

日本株取引についての説明量が、

SBI証券マネックス証券であると認識したからです。

 


SPONSORED LINK

 

 

【おわりに】

 

いかがでしたか?
何か一つでも参考になる情報が書けていれば幸いです。

 

>わたしと同様、株初心者の方!
ネット証券比較サイトは巷に溢れています。
何が正しいのかなんて、わかりませんね。

 

そんな時は、ネット証券に対する必要条件をリストアップしてから
「自分の目で見て考えて」決めていくことがマストだと思いました。

 

そこらの「いかにも信頼できそうなネット証券比較サイト」はただのPRサイトです。
現に、上で見たGMOクリック証券以外の3社は、
公式HPで堂々とアフィリエイトプログラムを組んでいます。
偏っていない情報・あなたにとって正解である情報などどこにもありません。
決めるのは自分自身なのです。

 

そして時には、「弁当持ってくる普通科のボブカットはいやだ」、

みたいなフィーリングも役に立つはずです。

 

株は情報がすべてです。

そう、情報がすべてなのです。

ですが、情報以外の直感があったからこそ、

わたしはななしちゃんと総資産対決をしたときに勝てたのです。

株価はおそらく生き物ですから、データをしっかり確認したうえで

「こいつは良い目をしてる」「あいつは態度が好かない」などの

直感を判断条件に加えることもわたしはアリだと思っています。

 

「最高にクール!」と思って買った任天堂株でチョット儲けたのも事実です。

もちろん分析があってのことですが。(自己責任でね!)

 

>ななしちゃんの記事を目当てにいらしている、株中級~上級者の方!
テトラはまたひとつ歩を進めました・・・
これからも、みててね!

絶対勝つ!(o◕ x ◕o)

 

 

記載:テトラ


SPONSORED LINK